カードローン地獄の実態

カードでのショッピングは、現金を持ち歩かなくても一時的に現金と同じ役割を果たしますが、現実にいうと「借金」と同じで最終的には「お金」で返すのです。カードローンでお金を借りたときも同様で、まるでお現金収入として入ったかのように勘違いしてしまいそうですが、それは借金であって、純粋な意味の収入ではありません。
そんなことはわかっていながら、ついついカードローンを使ってしまう人が増え続けています。カードローン地獄で借金を返せずに、苦しい生活を送っている人は、減るどころか増える一方です。簡単な方法でお金が手に入るカードローンという落とし穴に落ちてしまい、返済ができなくて追いつめられ、ついには命を絶ってしまう人も決して少なくない現状です。
現金を持たなくてもすむ便利さや、ATMでいとも簡単に手続き可能という風にシステムが変わっていったことが、カードを利用する人が増えた理由なのでしょう。しかし、カードを使えるお店が増えたことも理由の1つではないでしょうか。
昔は、現金でしか買えなかったものが、今ではカードで買えるという時代背景も、十分理由の1つでしょう。 世の中に海外旅行をする人が増えたということもあるでしょう。カードを持っていればとりあえず不安がないというところもあって、確かに今やほとんどの人がその便利さを味わっているとは考えられることです。
しかし、現実には、使い過ぎている人が多く、カードローンに手を出してしまう人が増えているのです。利用金額や返済期日というものを考えもせずに気軽に使ってしまい、どんどんローンを重ねていき、身動きで着ないローン地獄へと落ちてしまう人も多いのが現状です。

カードローン地獄から抜け出すには

クレジットカードがただひたすら悪いというわけではなく、それは利用の仕方を間違ってしまったからのことです。それではもし、カードローン地獄というものに陥ってしまったら、それから抜け出すにはどのようにすればいいでしょうか。
それにはまず、どんなに苦しい生活の中でも、必要のないものは決して買わないと自分に強くいい聞かせることで、さらにもうカードは使わず必ず現金で、自分の収入内で買い物をすると決めることです。
そんなときは、とにかく新たにカードローンを続けるなどということは絶対にせず、むしろ節約する努力をし、自分の状況を見極めて整理するようにしなければなりません。実際に借りている金額や返済しなければならない額はどれくらいか、そして収入はどうか、支払期日は延期不可能なものなのか、まただれか相談する人などがいて、ほかに方法は考えられないかなど、しかっり考えなければなりません。
まず冷静になって整理して考えてみること、これがカードローン地獄から抜け出せる方法なのです。自分のまわりに返済の手助けをしてくれるような親戚などがいるときは、安全で安心という点で利息の付く金融機関とは比べものになりませんから、頼ってみるというてもありますが、あくまでも確実に返済すると約束したうえでのことにしましょう。
信用して貸してもらえた気持ちを裏切らないためにも、返済は毎月わずかずつでもしていくようにし、決してまとまったお金になってからなどとは考えないことです。どうがんばっても自分の収入では返していけないことがわかり、しかもまわりに頼る人もいないようなときは、弁護士に相談したりして、法的手段に出ることも一つの方法です。
返済の計画を立ててくれたり、返済を軽くしてくれたり、いろいろな方法で、守ってくれるはずです。カードを使い続ける人のなかには、買い物をすることでストレスの発散をするという人もあり、それが激しい場合にカードローン地獄へとつながることがありますが、これはもうひとつの病気だと言わざるをえないでしょう。日常生活におけるストレスを無くすのも、カードローン地獄に陥らないためにも必要なのですね。

スポンサードリンク